ニュース

NEWS

2022.02.04
プレスリリース

ExPlay、東北最大級のIT&ゲームコンテスト「DA-TE APPs! 2022」をサポート

~仙台から世界へ~ 未来に向かって挑戦する学生を対象としたCXアカデミーを開催

株式会社ExPlay (本社:東京都港区、代表取締役社長:阿久澤 伴寛、グリー株式会社100%子会社、以下ExPlay) は、GLOBAL Lab SENDAI が主催するIT&ゲームコンテスト「DA-TE APPs! 2022」の協賛企業として、未来で活躍する次世代人材の成長をサポートします。

 

 

「DA-TE APPs!」は、仙台市とGLOBAL Lab SENDAIが展開する東北最大級のビジネス&ゲームコンテストで、今年で8回目の開催となります。「ITコンテスト」と「ゲームコンテスト」の二つのプログラムで構成され、東北の学生たちが仙台市の企業の徹底指導のもと、それぞれオリジナルのアプリを開発します。

ExPlayでは今回のサポートの一環として、ゲームコンテストプログラムのGLS for Education部門に出場する国際情報工科自動車大学校、ヒューマンアカデミー仙台校、東北電子専門学校の学生14名を対象に、CXアカデミーをオンラインで開催しました。

CXアカデミーは、顧客マインドに寄り添うことの重要性、特別なエクスペリエンスの創造、その先に生まれるエンゲージメントなど、カスタマーエクスペリエンスの実現に向けてExPlayが独自に開発したメソッドを、ワークショップ形式で学べる研修プログラムです。

仙台オフィスにてExPlayならではのホスピタリティを体験していただけるプログラムに加え、現在はオンラインでも新鮮な「気づき」や新たな「価値」に出会えるプログラムを実施しています。

オンラインCXアカデミーの実施風景 (イメージ)

今回の学生向けCXアカデミーでは、ExPlayが大切にしている応対品質を高めるための取り組みやカルチャーのご紹介をはじめ、実際にお客さまからいただいたお問い合せに対する返信をチームごとに作成するという、お客さま応対を体験するワークショップを行いました。

お客さまからお寄せいただいた一文一文に寄り添い、柔軟で活発な意見交換をしながら心を込めた文章をつくりあげることで、参加した学生からは 「お客さまを集団としてではなく個として考えるようになった」 「作り手とお客さまの繋がりについて考えることができた」 「コンテンツの完成が目標ではなく、お客さまと関わり続けることや距離感が大事だと思った」 など多くの感想が寄せられました。

ExPlayは、これからも感性に満ちたコミュニケーションでお客さまのこころが動く体験をデザインし、カスタマーエクスペリエンスを通して未来で活躍するIT人材の成長をサポートします。

 

DA-TE APPs! 2022開催概要

【日時・会場】
日時:2022年2月11日 (金祝) 10:30~18:00 (予定)
会場:AER 多目的ホール5F

【第一部 ITコンテスト】
各学校から選抜された4チームが、仙台市のIT企業の徹底指導により、半年間かけて身近な課題をITで解決。審査員の評価により最優秀賞を決定します。

【第二部 ゲームコンテスト】
・GLS for Education部門
東北のゲームを学ぶ専門学校から選抜された3チームが、仙台のゲーム企業の徹底指導を受けて自分たちのゲームを開発。学生発信の企画にプロの目線が加わり、現場のゲーム開発を体験します。
・GLS Free Game部門
東北の学生が1年間かけて学校で開発したゲームを発表。多数の応募作品の中から、一次審査を通過した上位4作品のチームがプレゼンバトルを行います。
・GLS Graphic Design部門
架空のゲームの世界観を用いたストア用グラフィックアセットをデザインするコンテスト。アートやグラフィックデザインを学ぶ学生の表現力や実践的な技術を競います。

top