CAREER

彼女のキャリアとExPlay

入社2年目、現在、マーケティングコミュニケーション部
統括リーダーとしてExPlayのセンターポジションで活躍する
伊藤さんに
これまでのキャリアと
ExPlayに対する想いを伺いました。

ExPlay
マーケティングコミュニケーション部

伊藤 悠子ITO YUKO

目の前の仕事に、
真っ向から立ち向かい
挫折した体験。

ExPlay入社以前のキャリアについて

キャリアの起点としてはサービス提供型のIT企業です。BtoBマーケティングを中心にプロジェクトマネージャーとして経験を積みました。

その中で今後の自分のキャリアへの模索と、ちょうど実家の仙台に帰るタイミングで、仙台を拠点に生活用品の企画開発・Eコマースを行っている事業会社からマーケティング担当者として来ないかというオファーを受けました。家族にも近いし、今まで自分が経験してきたことを生かせるのであればやってみたい、と思い東京から仙台に戻ってきました。

入社当初はWEBマーケティングを担当していたのですが半年程たったタイミングで「EC事業の事業部長をやってほしい」とお話しいただき、部長というのは私にとっても初めての挑戦でしたし、ひとつの事業を見るってやはり、すごく責任あることなので正直自分ができるのか、扱っている商品の市場規模が縮小している事業環境だったこともありすごく迷いましたが自分への新たな挑戦だと考え引き受けました。

その後、どうしたら売上を上げることができるのか、試行錯誤を繰り返しながら色々とチャレンジさせていただいたのですが、なかなか思うような成果につなげることが出来ず、自分自身の役割と今後を考えた結果、自ら退職を決意しました。

このままでは終わりたくない彼女と、
コミュニケーションを生みだすExPlayの出会い。

ExPlayへの入社の動機について

私のExPlayへの入社のきっかけ、というか転職を決めたきっかけはすごくそういうもやもやしたところから始まっています。自分のふがいなさとか至らなさとか経験のなさとか、そういう部分ですごく落ち込んでいて…。でもやっぱりこのままじゃ駄目だ、と。

もっと成長しなきゃいけないと思いましたし、もっといろんな経験を 積みたいと感じていました。もう一度、自分が成長できる環境で、一からでも頑張りたいっていう。

自分が成長できる環境とか、今ないものを得られる経験ができる環境 で働きたいと思って転職活動をする中で、転職エージェントからExPlayのことを紹介いただきました。

最初は、正直、CSというものに興味をもってなかったですし、ポジティブなイメージもなかったのですが、募集要項にあった「こころが動く体験をデザインしていく」とか、「お客さまの気持ちに寄り添ったテキストコミュニケーションを行う」とか、そういうところがすごくいいなと思ったんですよね。

ずっとスピードや効率重視のIT業界の中で働いてきて、人の心情とか感性とかコミュ ニケーションといった内面的なところにも価値を置いている会社という存在にすごく興味を持ちました。何の業界で働くかよりも、何をやるかに重きを置きたかったので、一度話を聞いてみようと思って面談に進みました。

ExPlayのビジョンやカルチャー、実際の事業内容をその時の面談担当者であった紙屋 が、すごく楽しそうに話している姿が印象的でした。ぐっと引き込まれました。こういう人と働いたら自分も成長できるのではないかと思いました。

その後、代表の阿久澤とも面談し確信したことが、これまで自分が思い描いていたCS とは全く違うな、と。そもそもCSというものが、事業にとってすごく重要な機能ということは感じてはいましたがExPlayが掲げている感性や創造性を重視したマーケティング手法でのCXであれば、その先に生まれるコミュニケーションデザインができると思い、これからの可能性の広がりを感じました。自分がこれまで培ってきた「点」の数々を、ここでなら大きく自由な「線」として描くことができると思い入社を決めました。

いま彼女とExPlayが描く、
未来への新たなビジョン。

現在の担当領域と今後のビジョンについて

ExPlayのコミュニケーションクオリティを分析し常に見直し向上させ ていくこと、そのクオリティを外部に向けて発信していくことを担当しています。具体的には、現場のコミュニケーターのさらなる品質改善や体制づくりと、ExPlayの広報的な役割も担当しています。

今はまだExPlayの強みや魅力を十分に外部に発信できていない部分が あるので、今後はより広報・マーケティングコミュニケーションの担当領域に比重を持っていきたいと思っています。

ExPlayのいまの強みとして間違いないのが、コアなところで、コミュ ニケーションをデザインしていくことです。それはテキストコミュニケーションだと思うのですが、そこの、揺るぎないコアな部分を、今後どう生かして広げていくかだと思うんですね。

これからは、エンタメ業界はもとより、それ以外の一般生活者の方のそばにあるようなサービスまで、多角的かつ他業界に向けてのテキストコミュニケーションでのエンゲージメント構築へ進んでいきたいと思っています。

コアな部分を生かして広げるという観点で私は将来的には、ExPlayの自社事業をやりたいと思っています。事業会社としての新規事業をExPlayでやっていきたい。カスタマーエクスペリエンスという領域で独自に培ってきたセオリーやノウハウ、メソッドというものを昇華させExPlayにしかできない自社サービスを構築し展開していきたいです。

まさに、このFY2020が、その第一歩になる年なのかなと、思っています。この1年を足がかりとして、ExPlayの次の未来をつくっていくような年にしていきたいと思っています。